運動会👟🌞

2020.12.23 わらしこ保育園の◯◯

 

ちょっと前のことですが…

 

 

📌10/31(土)快晴

運動会日和のこの日、わらしこ保育園の運動会が開催されました。

例年とは違い園舎・園庭での開催となり、各クラスの保護者は入れ替え制にせざるをえませんでしたが、コロナ禍で様々な制限がある中でも、工夫と協力で運動会を実施できたこと自体がとても喜ばしいことでした。

わらしこ保育園の運動会はかけっこ競争で順位をつけたり、踊りやお遊戯の発表をしたりする場ではありません。

子ども達が今持っている力の「少し上」の競技を作り、子ども達が頑張って取り組む姿を大人たちが見守り、成功した達成感や子ども達の育ちをみんなで喜び合う行事です。

 


 

たんぽぽ組(0歳児)

ホールで手遊び、リズムあそび、絵本の読み聞かせを楽しんだら、トンネルの向こうで待っているお父さん・お母さんに会いに行きました。

 

 

 

 


 

のびろ組(1歳児)

裏庭のでこぼこ地面でリズムあそびを楽しんだら、高くなった築山をみんなで登りました。

遊び終わったらリュックを背負い、しっかりした足取りでお父さん・お母さんのもとへ帰ります。

 

 

 

 


 

太陽組(2歳児)

布団を運んで積み上げる、ロールマットを登る、はしごを渡る、竹にぶらさがる、日々の遊びと生活で培った力を発揮!

 

 

 

 

 


 

つばさ組(3歳児)

机を運ぶのが上手になりました。

みんなで机を運んでトロルの橋を作ります。

身体をしっかり使ってロールマットをよじ登ったら、トロルの橋を力強く渡ります。

 

 

 

 


 

大空組(4歳児)

いろんな板やタイヤを使って、庭にアスレチックを作って遊んでいます。

みんなで作ったアスレチックを乗り越えて、高い机タワーをよじ登り、力いっぱいジャンプ!

 

 

 

 

 

 


 

地球組(5歳児)

頑張って編んだ縄跳びを飛んで入場です。

地球のリズムあそびで、たくましく育った心と身体を披露。

その後は竹のぼりの挑戦です。

高い高いてっぺん目指し、腕と足をしっかり使って登りました。

 

 

 

 

 

 


 

社会の在り方が大きく変わった今年度でしたが、時代・時勢が変わっても子どもたちの育つ力、育とうとする想いは変わりません。

今、目の前にある子ども達の姿をしっかりと見据え、想いに寄り添い、育ちを共に喜び合っていくことの大切さを改めて実感した運動会でした。

関連ブログ